お知らせ - 株式会社ファーストニード

[全国対応・海外在住者対応] お問い合わせ

HOME > お知らせ

レスポンシブWebデザインとは

2015年05月25日 [記事URL]

パソコンの場合

ブラウザーのスクリーンサイズを、マウスドラッグで狭めてみます。

スクリーンサイズに合わせてレイアウトが変化しました。
一般的なスマホサイズになりましたね。

ブラウザーのスクリーンサイズを戻してみましょう。

パソコン用のレイアウトになりましたね。

このように、単一のウェブページを スクリーンサイズに合わせてレイアウトを最適化させる手法が、レスポンシブWebデザインです。

レスポンシブWebデザインのメリットは、

URLが1つなので、ユーザーがコンテンツを簡単に共有したり リンクしたりできます。

同じコンテンツのページを、いくつも維持・管理する手間が省けますので
ミスが発生する可能性を抑えることができます。

それでは次に
スマートフォンで閲覧した場合を 見てみましょう。

スマートフォンの場合

画面を回転させることでレイアウトが変化します。
メニューをタップすると、サイドメニューが開きます。

レスポンシブWebデザインのデメリットの一つに、
パソコン用レイアウトの確認が難しいことがあげられます。

弊社の制作したウェブサイトでは、スマートフォンの画面が横向きの場合には
パソコン用レイアウトになるように調整しています。

それにより、デメリットを抑え
幅広いデザインに対応することができるようになりました。

また、パソコン用とスマホ用のウェブページが同一であることからGoogle検索のインデックスが正確に行われ、高いSEO効果も期待できます。

レスポンシブWebデザインとは



ホームページリニューアルとSSL対応

2015年05月08日 [記事URL]

弊社サイトをリニューアルしました。

またリニューアルと同時に、Webサイトを常時SSL化しました。
アドレスバーに下記のような安全性を示す鍵マークが表示されているかと思います。
Webサイトを常時SSL化

これは Google Chromium Security ‎チームの指針に基づくもので、ウェブページ閲覧時の安全性を高めるだけでなく、今後のスタンダードになってくると予想されます。

Googleの示す強固なセキュリティであるSSL暗号化通信がスタンダードになることで、
現在の「安全なときにだけ鍵マークを表示する」 から、
「安全が確認されないときにだけ鍵が外れたマークを表示をする」
という方が合理的で、閲覧ユーザーにとっても視認性と利便性が高いと思います。

業務の中核となるウェブサイトの運用には、
今後は常時SSL化が必須と言えますね。



本社移転のお知らせ

2015年05月01日 [記事URL]

株式会社ファーストニード(1st-need Co,.Ltd.)
住所:〒163-1030 東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワーN30階
電話:03-5326-3112

は、2015年05月01日より以下の通り住所が変更になりました。

(新)
株式会社ファーストニード(1st-need Co,.Ltd.)
所在地 〒650-0024 神戸市中央区海岸通り3-1-1 KCCビル4F
電話:078-335-5912

以後、神戸所在地までお問い合わせください。
運営者等は変わっていません。




  


お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop