Web構造は、HTML4.01 ではなく XHTML1.0 が良い - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > Web構造は、HTML4.01 ではなく XHTML1.0 が良い

Web構造は、HTML4.01 ではなく XHTML1.0 が良い

2008年06月08日

Webの構造言語 HTML と XHTML と XML

Webの構造言語は、HTML - XHTML - XML と3種類ありますが、
現在は、XHTML を利用するのが一般的です。

Web制作業者でも、未だに HTML4.01 で記述しているサイトも多い中、
なぜ、あえて難しい記述の XHTML1.0 なのでしょうか??

それにはいくつかのメリットがあるからです。

処理速度向上による安定動作

XHTML は厳密な書式が求められます。
それだけ、エラーチェックツールなどでクリアすることが難しくなります。

記述がそれだけ厳密になれば、それを読み込むブラウザや、検索エンジンロボットには
負荷がかかりにくくなります。

サーバーにかかる負荷も軽減されます。

ユーザーとしては、より高速で表示されるサイトになり、ブラウザの動作も安定します。

つまり、ユーザーにとってストレスのない、より良い閲覧環境を提供することが可能なのです。

未来の XMLアプリケーションに対応

XHTML であれば、今後登場してくる XMLアプリケーションを利用する場合にも
仕様変更する必要がありません。

旧式ブラウザなどでも十分対応しているうえ、未来の環境にも適応できるのです。

Web制作のプロチームは、当然 XHTML1.0 を使用します。
もしまだ、HTML4.01 記述をしているなら、早めに対応しておかないといけませんよ。
(構造言語の確認は、ページのソースを見れば、最上段に書かれています。)



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop