スマホ対応とレスポンシブWebデザイン - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > スマホ対応とレスポンシブWebデザイン

スマホ対応とレスポンシブWebデザイン

2015年06月12日

先月のGoogle検索の更新より、徐々にスマホ対応ウェブサイトの検索順位が上がってきていますね。

弊社では2年以上前からレスポンシブWebデザインでウェブサイト制作をしてきましたが
本格的なレスポンシブ対応の到来にワクワクしています。

しかしまだまだ
「レスポンシブWebデザインって何?」
「スマホ対応と一体どう違うの?」
と聞かれることも多く、中にはWeb業者さんからも聞かることもあります。
それで分かりやすいように動画を作ってみました。

ナレーションとテロップも入れてみました。
ぜひ見てみてくださいね。
Youtube【レスポンシブWebデザインとは】

スマホ対応しているからと言っても、レスポンシブWebデザインとは限りません。
ここ、大きな勘違いです。

上記の動画を見て頂くと分かりますが、
閲覧しているスクリーンサイズによって単一のページがリアルタイムに変化するのがレスポンシブです。

スマホ用ページを別に作って転送するだけでも、[スマホ対応]になりますが
それではGoogleの推奨するレスポンシブになっていませんのでご注意くださいね。

また、レスポンシブの欠点もいくつかあるのですが、
実はホームページの組み方でどうとでも出来るんです。
簡易なテンプレートを購入して、レスポンシブの欠点を探すのもナンセンスだと思います。まだまだこれから発展していく分野の技術ですしね。

弊社制作のMT-t(エムティティ)では、レスポンシブの欠点をほぼ解消しています。
MT-t【クラウド型Web制作ツール】

欠点の一つである「ページの読み込み速度低下」の問題も、
Google開発の超高速表示モジュールを入れることで
モバイル環境での表示速度も格段にアップさせています。

ウェブページの表示速度については、Google検索順位にも影響が大きいですし、
「読み込み時間が0.1秒減ると売上が1%増加」というAmazon公表データもあるくらい重要な項目です。

レスポンシブ対応しても、読み込みスピードが落ちたら意味がないですよね。
こうした部分は表からは見えないことが多いのでWeb制作を外注されている場合は確認してみてくださいね。



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop