Web標準 - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > Web標準

ソース記述内容に関して

2010年06月28日 [記事URL]

現在運営しているサイトのソースの記述は適当なものになっているでしょうか?
何か間違っていたり、変更すべき点がありましたら教えて頂きたいです。

続きを読む

ページの構造について

ページの構造について

<head> 内で、<TITLE>タグの位置に問題があります。
これだと環境によっては文字化けすることがありますので、
<META>タグの後に入れるようにしてください。

<META name="keywords"...
については、項目が多すぎるので、厳選したものだけにして、
最低限いれるようにしてください。

あとは、見出しタグ(h1、h2、など)を有効に配置させる方法などを
研究なさってみてください。
(現状ですと、見出しタグがありません。)

単純な構造のサイトの場合、
CSSでレイアウトした方が絶対的に有利になりますから、
既存の<table>タグによるレイアウトから、
CSSレイアウトに移行すると良いと思います。
CSSについては、様々な解説ページがありますので、参考にしてみてください。


難しいと思いますが、頑張ってください。



Yahoo!ビジネスエクスプレスについて

2010年06月10日 [記事URL]

Yahoo!ビジネスエクスプレスに2つ登録をしていますが、
現在登録名がなぜか、会社名ででてしまっています。
カテゴリ内での対処法がありますか?
また、HPリニューアルも考えていまして、ある業者から
100ページで500万円と言われました。
これは高いのでしょうか?
どうぞよろしくお願いいたします。

続きを読む

会社名での表示は簡単に変更できます

Yahoo!カテゴリに2サイト以上登録した場合、最初に登録したであろう会社サイトが、
Yahoo!検索結果において 「会社名 ホームページ」 のような表示になることが多いです。

Yahoo!検索結果に、 「会社名 ホームページ」 ではなく、
ページの Title を表示させたい場合は、<meta> タグを利用することで実現できます。

HTML の場合
<META NAME="ROBOTS" CONTENT="NOYDIR">

XHTML の場合
<meta name="robots" content="noydir" />

上記 meta を入力することで、ページ title が検索結果に表示されます。
このタグは、Yahoo!自身がサポートしているもので正規表記となります。

http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/indexing/indexing-11.html
こちらの「サイト管理者向けヘルプ」も参考にしてみてください。



高齢者に配慮したWebを作る際のポイント

2010年04月22日 [記事URL]

高齢者の方へ、情報やサービスをご提供するサイトを作ろうと思っています。
ユーザーは60代以降をターゲットとして考えております。
この世代向けのサイトとして、配慮するべきことがありましたら教えてください。

続きを読む

文字の見やすさと印刷のしやすさ

高齢者の方への配慮は、結果として全ての閲覧ユーザーにとっての配慮につながります。


文字の見やすさ
文字の大きさを簡単に変えれるように、CSSで組んでおくと良いでしょう。
最近よくありますが、「小」「中」「大」というボタンを押して、
それぞれ読み込むCSSを変えて、文字の大きさを変える手法です。
これを、初期状態を「大」にしておけば、高齢者の方も見やすいと思います。

印刷環境の配慮
高齢者の方に限らず、モニターで読むことを嫌うユーザーがいます。
メール、Webページを「印刷」し、紙にしてから「読む」というユーザーです。
特に高齢者の方に多いのですが、モニターで読むよりも、紙で読むほうが良いという方は多いです。
Webページを「印刷」すると、凝った背景やら何やらも一緒に印刷されてしまうと、
印刷コストも時間もかかります。
ここは、「印刷」用のレイアウトを、外部化CSSで組んでしまい、
印刷時には、「印刷」に適した状態にすると喜ばれることでしょう。
「印刷」に適した状態とは、無駄なレイアウトに関する画像などが省かれ、
コンテンツを読みやすくしたものです。文字色も最適化しましょう。

W3C準拠
最後に、W3Cが勧告しているホームページの作り方が重要です。
高齢者・障害者の方にとって閲覧しやすいよう配慮された、Webの「バリアフリー化」ですね。
サイトリニューアルなどの際にも、このW3C準拠という考え方が非常に重要です。



Web標準に準拠したサイトのメリット、デメリット

2010年03月29日 [記事URL]

Web標準に準拠したホームページ制作を行うことによるメリット、デメリットを教えてください。

続きを読む

Web標準はメリット?いや本来、当然のことなのです。

結論から言いますとWeb標準したホームページを作ることしか選択はありません。

Web標準とは、主に W3C*1 という世界団体が出した勧告に準拠したもののことを言いますが、
Web構築の方法が示されているのに、それに従って作らない場合は、デメリットしかありません。

デメリット
アクセシビリティ・ユーザービリティ低下
W3Cより 全てのユーザーに対して使いやすいサイト作りの提案がなされているにも関わらず、それを無視することは、

環境によって、閲覧不可になるユーザーが出てくる、ということです。

そのユーザーは、あなたのお客さまになる可能性を秘めていましたが、
正しく閲覧できないことにより、商品購入の機会損失に繋がってしまいます。

そして、大事なことですが、
この全てのユーザーとは、「検索エンジンロボット」 も含まれます。

検索エンジン上でコンテンツ内容が正しく評価されない
当然、正しく作られたサイトのほうが、「検索エンジンロボット」 にとって優しく
サイト内のコンテンツ内容を正しく読み取ってくれます。

それが、結果として 検索結果の順位上昇につながるのです。

Web標準しているようで実はしていない
プロのWeb制作業者であっても、Web標準対応しているところは驚くほど少ないのが現実です。

いまだに HTML4.01 文書で記述している業者も多く、
W3C対応と謳っているにも関わらず、全く見せかけだけの業者もあるので気をつけてください。

また、エラーチェックツールなどで 100点にするサービスなどにもお気をつけください。

本来、プロの業者たるもの、
構文エラーがなく、100点は当然のことで、
更に、見えない部分でのWeb標準化していなければ ならないものです。


見せ掛けではなく、本当の意味での Web標準化 ができるかどうか、
ここが、今後のWeb業界に必要だと感じています。



ロールオーバーがきちんと作動しません

2010年03月04日 [記事URL]

ページ左のメニューをロールオーバーさせているのですが、firefoxで見ると正常に動き、
IEで見るときちんと作動しません。
解決方法を教えてください。

続きを読む

CSSファイルの外部化

こちらの環境ですと、ロールオーバーは動いています。
(IE6.0 , IE7.0 どちらも大丈夫です。修正済みでしょうか?)

そもそも、スクリプトエラーが出ているようですね。
(フッターに入れているgoogle-analyticsのスクリプトがエラーなんでしょうか?)

ホームページビルダーか何かで
ロールオーバーのスクリプトを作っているのでしょうか?


前回もお伝えしましたが、
javascriptは、W3Cの勧告通り 外部ファイル化する必要があります。

CSSファイルの外部化も必要ですし、tableタグの使用も問題があります。


ホームページは自社で制作・運営されているのだと思いますが、
これからは、W3C準拠したサイト構造が必須となります。

どうしてもプロが制作したサイトとの差が出てしまいまし、
CSSレイアウトの得意な業者に外注されることも検討されてはいかがでしょう?

こうしたスクリプト関係の悩みもなくなると思います。


それでは、頑張ってください!



javaで動くところが 上手く動かなくなってしました

2010年02月25日 [記事URL]

教えていただきたいのが、
御社のW3C点数で99点までトップページを行くようにしたのですが、
メニューボタンなど、javaで動くところが上手く動かなくなってしました。

この解決方法を教えていただけないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。

続きを読む

javascriptエラーが出ている

javascriptエラーが出ているようですね。
ホームページビルダーで作ったロールオーバーの部分だと思います。

内に、ロールオーバー自体を動かすためのjavascriptの指定が無いようです。
もともと、ホームページビルダーで設定したときのコードがあったと思いますが、
それを、入れなおせば動くでしょう。

ただ、javascriptは、W3Cの勧告通り 外部ファイル化しなくてはいけません。
例えば、aaa.js というファイルを作り、その中にjavascriptコードを記述し、
<script type="text/javascript" src="aaa.js"></script>
のように、内に記述する必要があります。

styleの記述も、ページ内にありますが、これも本来 外部ファイル化しなくてはなりません。
例えば、style.css というファイルを作り、CSSコードを記述します。
そして<head>内に、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />
のように記述して、外部CSSファイルを読み込ませるようにするわけです。


こうしたレイアウトに関する情報は、全て外部化する、というのがW3Cの勧告です。
これにより、軽量化された検索エンジンロボットに好まれるHTMLソースにすることが可能です。

それから、ページ全体のレイアウトに、<table>タグが使われていますが、
これは本来「表」の意味ですから、レイアウトに使うのは文法上、間違っています。

レイアウトには、<table>ではなく、スタイルシートを使って行うべきですから、
ここから修正していく必要があるでしょう。


100点にするということは、タグの記述エラーがない、という意味に過ぎません。
本来のタグの意味に合った内部構築をしなければ、
意味の無い100点になりますから、これで満足することは非常に危険です。

ロールオーバー関係は、ホームページビルダーで作り直せば、
すぐに動くようになると思います。
あとは、記述されたコードを外部ファイル化するだけで大丈夫だと思います。

ページ全体のレイアウトについては、
CSS関係の参考書などで、基本知識を身につけ、大幅な内部リニューアルが必要
でしょう。

また、現状では画像に頼ったページになっているため、
もう少し分かりやすいテキストを使ったページ作りにしたほうが、
検索エンジンにも、ユーザーにも評価されやすくなると思います。


それでは、頑張ってください!



RSSを設置

2010年02月11日 [記事URL]

私は○○○○○というキーワードで
Yahoo!で10位以内に入りたいので、今年に入ってSEO対策として、
Yahoo!カテゴリ登録とクロスレコメンドの登録を行いました。(でもまだ23位)
次にRSSを設置しようと考えているのですが、設置の仕方がよくわかりません。
なので設置の仕方を教えて頂きたいと思います。
お手数ですがよろしくお願いいたします。

続きを読む

CSSのエラーを修復していくことが先決

ホームページに設置できるRSS配信CGIでは、
http://www.futomi.com/library/rss/index.html
こちらが安価で高機能なのでオススメです。

お使いのサーバーは、チカッパのようですので、
.htaccess や、SSI などの動作も大丈夫だと思います。
(このあたりの設置方法は、マニュアルに詳しく載っています。)

うまく設置できると更新も楽になりますし、
PING送信を同時に行なうことで、検索エンジンロボットにも巡回されやすく
なります。


ただ、RSS自体は、SEO対策に直結しているものではありませんから、
苦労して設置し動かしていっても、大きな順位上昇のきっかけには
つながりにくいものです。


■SEO対策について。

「○○○○○」で上位を取ろうと思うと、
かなり大変だと思います。

上位サイトは、いずれもバックリンクが数千ありますが、現サイトは、100ちょっとです。
更新頻度もサイトボリュームも大手サイトにはかなわないでしょう。

それに「○○○○○」では、
見込み客につながるキーワードにはなりにくいものです。

1点集中で「○○○○○ ○○○○○」での上位表示を
狙うほうが売上にはつながると思います。


「○○○○○」の露出をもっと増やし、
CSSのエラーを修復していくことが先決のように思います。

それから、タイトルタグの「○○○○○」の前後に全角スペースが入っていますが、
半角スペースにしておいたほうが良いですよ。

参考になさってみてください。


それでは、頑張ってください!



ホームページの作成ソフトは何を勧めていらいっしゃいますか?

2009年12月23日 [記事URL]

ホームページの作成ソフトは何を勧めていらいっしゃいますか?
作成をしたあとの更新をクライアントが行うときに、デザインを崩さずに
うまくコンテンツだけ更新していくのに適したソフト(またはブログ?)です。

テキストエディタ以外で教えてください。

続きを読む

「Dreamweaver」を使ってもらう方法

ホームページの作成ソフトは「Dreamweaver」をオススメしています。
http://www.adobe.com/jp/products/dreamweaver/

ただ最新版ですと、それなりのスペックのPCでないと動作が重いという
話を聞くことがあります。

弊社でホームページ制作する際には、「Dreamweaver」の古いバージョンを
使ったり、直接ソースをテキスト編集することが多いです。

この「Dreamweaver」、性能はかなり良いのですが、
どうしても、ソフト側が自動で入れてしまうタグなどもあり、
完璧な記述を求めることはできませんが、
現状のHP制作ソフトの中では、最も性能が良いとおもいます。


お客さまが、コンテンツ更新をしたい場合は、
「Dreamweaver」を使ってもらう方法もありますが、
初心者用のソフトではありませんので、
ちょっと負担がかかってしまうかも知れませんね。

あとは、更新部分となるページのみ、ブログで作っておいても
良いかも知れません。
お客さまが自分に記事をかけるので、楽だと思います。


ブログ構築ソフトは、有名なところで MTや、wordpress などがあります。
http://www.movabletype.jp/
http://wordpress.xwd.jp/

参考になさってみてください。

それでは、頑張ってください!



Yahoo!上位10位内にしたい

2009年12月18日 [記事URL]

特定キーワードにてYahoo!上位10位内にしたいのですが、
内部と外部のどのようなことを行なえば宜しいでしょうか?

続きを読む

CSSによるレイアウト

タイトル、メタタグ、h1タグ、strongタグ等にこれだけ大量のキーワード羅列を行なうと、
ほぼ検索エンジンスパムの判定を受けるでしょう。

もし、スパム判定を受ければ、重い罰則が待っています。

(↓1例です)
【罰則1】検索エンジンでの表示結果ランキングの低下
http://sns.1st-need.org/group/30/topic/127

さて、対策としてですが
まずは、キーワード量、比率の健全性を高め、
内部記述に使っている table タグによるレイアウトをやめ、
CSSによるレイアウトを行なうべきです。

具体的には、
タイトルは、24文字程度までにし、
メタキーワードには、3つ程度
メタディスクリプションには、80文字ほど、
h1タグには、24文字程度、
strongタグは、単語のみにし、ページ内に2箇所ほど、
にしてください。

外部対策も行なうことは多いのですが、
ページ内部のスパム的手法を一層してからでないと、プラスの効果は得られません。
まずは、内部のキーワードを調整して、健全性を保ってください。

数週間で、Yahoo!に 結果として反映されてくるでしょう。


それでは、頑張ってください!



検索上位表示、アクセスアップについて

2009年11月26日 [記事URL]

この2ヶ月ほど自分で出来る範囲のSEO対策を
行ってきたのですが、なかなか成果に繋がりません。
そして、下手にいろんな情報を取り入れてしまい、
今一番力を入れるべきことが何なのか、整理が出来ない状況になってきました。

検索上位表示、アクセスアップについてアドバイスを頂けますでしょうか?

続きを読む

成約率があがる工夫

> 検索上位表示、アクセスアップについて
> アドバイスを頂けますでしょうか?

W3Cのロゴを貼っているようですが、エラーが出ていてバナーを貼るのは、
良くないと思いますよ。エラー修復を行なってください。

タグのエラーがないことは、WEBサイトにおいて本来、基本的なことですので、
まずはクリアしておきたいところだと思います。


サイト内に、見出しタグなどが入っていません。(h1,h2 など)

XHTML で記述されていますが、文書構造としては間違っている箇所が多いです。
タグのエラーチェックでは大丈夫な場合も、正しい文書構造による書式が大事です。
CSSによるレイアウト記述も不十分のようです。

また、
今のページの、ソースだけを読んだとき、はたしてユーザーは、
何のサイトかをスグに判断することができるでしょうか??

一見して、何を目的にしているサイトか分からなければ、
SEOに成功してアクセスアップしても、成約に結びつかないサイトになってしまいます。

ページ内のソースを上から読んでいって、
何のサイトかスグに分かるようにする工夫が必要です。


> 今一番力を入れるべきことが何なのか、整理が出来ない
> 状況になってきました。

SEOとアクセスアップだけに目がいってしまうと、あとで大変ですので、
まずは、成約率があがる工夫を行なってください。

それには、ターゲット層のリサーチや、リスティング広告で反応を見ると良いでしょう。

成約につながるサイトになれば、あとはSEOを行ないますが、
これも、リサーチがしっかりできていれば、
キーワード選定もできるでしょうから、そんなに難しいことではありません。


それでは、頑張ってください!




 1  2 


いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop