サイト構築 - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > 無料メール相談 > サイト構築

SEOの効果が現れるための方法とは?

2010年05月09日 [記事URL]

SEO対策をして3ヶ月以上経ちますが、上位表示されません。どんな理由が考えられますか?また、効果を早くあげるためには、どんな方法がありますか?

続きを読む

最初に行なう最善の方法は

SEO対策をして3ヶ月とのことですが、
しっかり検索エンジンロボットにクロール(巡回)されてますか??
更新頻度が高いにも関わらず、なかなかクロールされてないとしたら、次のことを行なってください。

・RSS配信&PING送信
自サイトの更新情報を、RSS配信&PING送信してください。

これは、各検索エンジンに対して更新情報を送ることも可能ですので、
早い場合、サイト公開より2日でインデックスされることもあるほどです。
RSS配信などは、多くのブログで標準装備されてることが多いですが、
最近では、一般サイト内にも設置できるものがあります。
また、RSS配信サービスを行なってる業者もたくさんありますので、探してみてください。


・優良サイトからのリンクをもらう
既に上位表示されている優良サイトからリンクをもらうと、
検索エンジンロボットは、そのリンクを辿ってスグにクロールにきてくれます。
ここでいう優良サイトとは、次のような条件を満たしているものです。

・運営期間が長い(1年以上)
・更新頻度が高い
・上位表示されている(検索エンジンからの評価が高い)

しかも、あなたのサイトと、テーマが似ていればより効果的でしょう。

最善の方法は、上記を両方同時に行なうことです。
この方法を同時に行なうと、すぐさま効果が現れます。

つまり、優良サイトから、リンクを貼ってもらい、そのサイトからRSS配信&PING送信で、
あなたのサイトへのリンクを貼ったことを検索エンジンに通知してもらうのです。

これで一発!ということも多いですよ。

ポイントは、そういう優良サイトの運営者と普段から仲良くしておくことと、
あなたのサイトの内部構造をしっかり構築しておくことです。


それでは頑張ってください!



アフィリエイトページ作成のメリット、デメリット

2010年04月28日 [記事URL]

「アフィリエイトページを自動で作成!」というコピーをよく目にしますが、アフィリエイトページを大量に作成するメリット、デメリットを教えてください。

続きを読む

アフィリエイトページの罠

アフィリエイトページの内容にもよりますが、
現在、検索エンジンには非常に嫌われているようです。

特に、Yahoo!の場合、アフィリコードを貼り付けたページを順位降下させている感じを受けます。

これは、安易なアフィリエイトページが、検索結果の上位にくることによる、
「検索」の質の低下を防ぐためのものでしょう。

背景には、こうした「アフィリエイトページを自動で作成」するツールの配布によって、
非常に質の悪いページが量産されたことにあると思います。

まじめに活動されているアフィリエイターには、大変迷惑な話ではありますが(苦笑

メリット
その名のとおり、自動で簡単にサイト作成できます。

デメリット
・検索エンジンからの評価を受けることが非常に難しい。
・アフィリエイトサイトの場合、基本的にはPPC広告が使えない。(オリジナルコンテンツではないため)
・売上を出すのに使えるマーケティングの種類が少ない。

などでしょうか?
参考になりましたら幸いです。


ありがとうございました。



高齢者に配慮したWebを作る際のポイント

2010年04月22日 [記事URL]

高齢者の方へ、情報やサービスをご提供するサイトを作ろうと思っています。
ユーザーは60代以降をターゲットとして考えております。
この世代向けのサイトとして、配慮するべきことがありましたら教えてください。

続きを読む

文字の見やすさと印刷のしやすさ

高齢者の方への配慮は、結果として全ての閲覧ユーザーにとっての配慮につながります。


文字の見やすさ
文字の大きさを簡単に変えれるように、CSSで組んでおくと良いでしょう。
最近よくありますが、「小」「中」「大」というボタンを押して、
それぞれ読み込むCSSを変えて、文字の大きさを変える手法です。
これを、初期状態を「大」にしておけば、高齢者の方も見やすいと思います。

印刷環境の配慮
高齢者の方に限らず、モニターで読むことを嫌うユーザーがいます。
メール、Webページを「印刷」し、紙にしてから「読む」というユーザーです。
特に高齢者の方に多いのですが、モニターで読むよりも、紙で読むほうが良いという方は多いです。
Webページを「印刷」すると、凝った背景やら何やらも一緒に印刷されてしまうと、
印刷コストも時間もかかります。
ここは、「印刷」用のレイアウトを、外部化CSSで組んでしまい、
印刷時には、「印刷」に適した状態にすると喜ばれることでしょう。
「印刷」に適した状態とは、無駄なレイアウトに関する画像などが省かれ、
コンテンツを読みやすくしたものです。文字色も最適化しましょう。

W3C準拠
最後に、W3Cが勧告しているホームページの作り方が重要です。
高齢者・障害者の方にとって閲覧しやすいよう配慮された、Webの「バリアフリー化」ですね。
サイトリニューアルなどの際にも、このW3C準拠という考え方が非常に重要です。



Web標準に準拠したサイトのメリット、デメリット

2010年03月29日 [記事URL]

Web標準に準拠したホームページ制作を行うことによるメリット、デメリットを教えてください。

続きを読む

Web標準はメリット?いや本来、当然のことなのです。

結論から言いますとWeb標準したホームページを作ることしか選択はありません。

Web標準とは、主に W3C*1 という世界団体が出した勧告に準拠したもののことを言いますが、
Web構築の方法が示されているのに、それに従って作らない場合は、デメリットしかありません。

デメリット
アクセシビリティ・ユーザービリティ低下
W3Cより 全てのユーザーに対して使いやすいサイト作りの提案がなされているにも関わらず、それを無視することは、

環境によって、閲覧不可になるユーザーが出てくる、ということです。

そのユーザーは、あなたのお客さまになる可能性を秘めていましたが、
正しく閲覧できないことにより、商品購入の機会損失に繋がってしまいます。

そして、大事なことですが、
この全てのユーザーとは、「検索エンジンロボット」 も含まれます。

検索エンジン上でコンテンツ内容が正しく評価されない
当然、正しく作られたサイトのほうが、「検索エンジンロボット」 にとって優しく
サイト内のコンテンツ内容を正しく読み取ってくれます。

それが、結果として 検索結果の順位上昇につながるのです。

Web標準しているようで実はしていない
プロのWeb制作業者であっても、Web標準対応しているところは驚くほど少ないのが現実です。

いまだに HTML4.01 文書で記述している業者も多く、
W3C対応と謳っているにも関わらず、全く見せかけだけの業者もあるので気をつけてください。

また、エラーチェックツールなどで 100点にするサービスなどにもお気をつけください。

本来、プロの業者たるもの、
構文エラーがなく、100点は当然のことで、
更に、見えない部分でのWeb標準化していなければ ならないものです。


見せ掛けではなく、本当の意味での Web標準化 ができるかどうか、
ここが、今後のWeb業界に必要だと感じています。



SEOと重複コンテンツ対策

2010年03月22日 [記事URL]

重複コンテンツという言葉をよく聞きます。検索エンジンが判定する重複性の基準・視点などを教えてください。
またフィードなど提供コンテンツをもとにしたサイトを作るにあたってのポイントなどを教えてください。

続きを読む

検索エンジンが判定する基準、あくまで推測ですが

検索エンジンが判定する基準は公開されてませんので、あくまで推測ですが

全体の20%~30% が、オリジナルと違っていれば、
重複コンテンツとして認識しないと言われることが多いです。

ですが、これも予測にしか過ぎず、
ギリギリを狙ったつもりで、ペナルティを課せられても問題です。

検索エンジンのアルゴリズムも常に変化していますので、
重複コンテンツとしてのリスクが少しでもあるなら、
大事なメインサイトでは行なわない方が無難ではないでしょうか。


フィードを読み込んだサイト
フィードを読み込んで作られたサイトは、
以前、アフィリエイターや情報起業家の間で流行ってしまい、悪用された経験から、
安易なものは、検索エンジンから嫌われる傾向にあります。

かなり、ターゲット、キーワードをニッチなものに絞り込んで、
ピンポイントなサイト制作を行なうと良いと思います。



ホームページ制作の知識が社内にない場合の更新手段

2010年03月18日 [記事URL]

自社のホームページを持って、お客様に情報をお届けしたいのですが、技術的に更新ができるスタッフがおりません。
社内にホームページ制作の知識を持った人間がいない場合、ホームページを更新する方法はあるのでしょうか。

続きを読む

更新作業のみ外注する方法と、その際の注意点

ホームページ更新作業のみ外注する

技術のある内部スタッフがいない場合、
どうしてもどこかのタイミングで専門的な知識が必要になるときがくると思います。

専門スタッフ増員できない場合は、
ホームページの更新作業だけを請け負う業者 がありますので、
一度、探してみてはどうでしょうか?

そういった業者はたくさんありますが、
値段(基本的に月額制で数ヶ月間契約など)も業者によってまちまちです。
ただし、契約後にならないと分からないことなのですが
最も重要なことが、その業者の 技術 と 作業スピード です。
業者選定の際には、そのWeb業者の技術をしっかりと見ることをオススメいたします。


Web制作業者の技術を見る方法

Web制作業者の技術を見る方法の1つとして、
Another HTML-lint gateway
こちらのツールにて、そのWeb業者のサイトURLを入力し、「チェック」を
押すと、100点満点で結果が表示されます。

この点数はあくまで、内部の記述エラーによるものだけですから、
点数だけで判断してしまうことは良くないのですが、
点数の低い業者は、基本的な技術と知識に乏しいことを示しています。

プロの業者なら本来 100点というのは当然のことですから。
業者の選定には、かなり慎重に吟味すると良いと思います。


以上、参考になりましたら幸いです。

ありがとうございました。



Googleページランクを上げたい

2010年03月15日 [記事URL]

当サイトのGoogleページランクは1年以上RANK3が続いているのですが、
いずれはRANK4に向上させたいと思っております。

Yomi-Searchを使っているためGoogleには好かれにくいとは思いますが、
有料テキストリンクの広告主を募集しているため、ページランク4には是非上げたいのですが、トップページにA8ネットのアフィリエイト広告を掲載していると
Googleページランク向上の妨げになるのでしょうか?

(http://openlab.ring.gr.jp/k16/htmllint/htmllint.html)での文法チェックをした結果の点数も影響するでしょうか?
ページランク5や6のサイトにお金を払って当サイトをリンクしてもらったらGoogleにばれてペナルティーを受けますよね。
その他に当サイトへの指摘があればお願いします。

続きを読む

高PRサイトからのリンクをもらう

> ページランク4には是非上げたいのですが、
> トップページにA8ネットのアフィリエイト広告を掲載しているとGoogleページランク向上の妨げになるのでしょうか?

A8.net などのアフィリリンクサイトは、検索エンジンが好まなくなってきています。特にヤフーでは顕著です。
ページランクに影響があるかどうかは、ブラックボックスなのでハッキリとは分かりませんが、プラスに働くことはないでしょう。

さて、
PR4 にするためには、最低でもPR4以上のサイトから数本のバックリンクが必要といわれています。
貴サイトのバックリンクを見ましたが、特に強いサイトからのリンクがあまり無いようです。

まずは、高PRサイトからのリンクをもらえるような、優良サイトにしていくのが必須だと思います。

また、バックリンクについては、リアルな人間関係が大事です。
ホームページというと、ネットだけで完結してしまいがちですが、バックリンク対策では、何より大事なのが、どんな人と知り合いか?ということです。
リアルで人間関係を構築していくには、自分もそれなりのサイトを運営していることも大事だと思います。


> (http://openlab.ring.gr.jp/k16/htmllint/htmllint.html)での文法チェックをした結果の点数も影響するでしょうか?

文法チェックの点数は、あくまでコードにエラーがあるか無いか、ということです。
「エラーがある」 というのは、本来あってはならないことです。

コードにエラーがなくても、問題のある作り(W3C準拠していない)のサイトは実際にたくさんあります。

最低限、エラーがなく、
更に、W3C準拠したサイト構築がされているサイトは、当然 評価されやすいものです。

よく誤解されますが、100点と、W3C準拠は別モノです。
エラーがないだけで安心してしまうことは危険だと思います。


> ページランク5や6のサイトにお金を払って当サイトをリンクしてもらったらGoogleにばれてペナルティーを受けますよね。

はい。リンク売買は、検索順位を不当に操作される行為として、厳しく取り締まりをされています。
しかし、未だに売買しているサイトは多いものです。

リンク売買なのか、広告なのか、は結局分からない部分ですが、

リンク売買してても、バレていない。広告なのに、リンク売買と判断されペナルティを受ける。
と、どちらのケースも出ています。

メインとなるサイトでは、こうしたリスクのある行為はオススメしていません。
捨ててもイイようなサイトで行うのは、まだ良いかも知れません。


> その他に当サイトへの指摘があればお願いします。

何度かアドバイスさせていただいていますが、
「ヤフーカテゴリ登録」サイトを目指してください。

ただ、現状のコンテンツでは難しいと思います。

他に無いような、オリジナルのコンテンツのサイトを作ってみてはいかがでしょう?


それでは、頑張ってください!



ロールオーバーがきちんと作動しません

2010年03月04日 [記事URL]

ページ左のメニューをロールオーバーさせているのですが、firefoxで見ると正常に動き、
IEで見るときちんと作動しません。
解決方法を教えてください。

続きを読む

CSSファイルの外部化

こちらの環境ですと、ロールオーバーは動いています。
(IE6.0 , IE7.0 どちらも大丈夫です。修正済みでしょうか?)

そもそも、スクリプトエラーが出ているようですね。
(フッターに入れているgoogle-analyticsのスクリプトがエラーなんでしょうか?)

ホームページビルダーか何かで
ロールオーバーのスクリプトを作っているのでしょうか?


前回もお伝えしましたが、
javascriptは、W3Cの勧告通り 外部ファイル化する必要があります。

CSSファイルの外部化も必要ですし、tableタグの使用も問題があります。


ホームページは自社で制作・運営されているのだと思いますが、
これからは、W3C準拠したサイト構造が必須となります。

どうしてもプロが制作したサイトとの差が出てしまいまし、
CSSレイアウトの得意な業者に外注されることも検討されてはいかがでしょう?

こうしたスクリプト関係の悩みもなくなると思います。


それでは、頑張ってください!



javaで動くところが 上手く動かなくなってしました

2010年02月25日 [記事URL]

教えていただきたいのが、
御社のW3C点数で99点までトップページを行くようにしたのですが、
メニューボタンなど、javaで動くところが上手く動かなくなってしました。

この解決方法を教えていただけないでしょうか。何卒よろしくお願い致します。

続きを読む

javascriptエラーが出ている

javascriptエラーが出ているようですね。
ホームページビルダーで作ったロールオーバーの部分だと思います。

内に、ロールオーバー自体を動かすためのjavascriptの指定が無いようです。
もともと、ホームページビルダーで設定したときのコードがあったと思いますが、
それを、入れなおせば動くでしょう。

ただ、javascriptは、W3Cの勧告通り 外部ファイル化しなくてはいけません。
例えば、aaa.js というファイルを作り、その中にjavascriptコードを記述し、
<script type="text/javascript" src="aaa.js"></script>
のように、内に記述する必要があります。

styleの記述も、ページ内にありますが、これも本来 外部ファイル化しなくてはなりません。
例えば、style.css というファイルを作り、CSSコードを記述します。
そして<head>内に、<link rel="stylesheet" type="text/css" href="style.css" />
のように記述して、外部CSSファイルを読み込ませるようにするわけです。


こうしたレイアウトに関する情報は、全て外部化する、というのがW3Cの勧告です。
これにより、軽量化された検索エンジンロボットに好まれるHTMLソースにすることが可能です。

それから、ページ全体のレイアウトに、<table>タグが使われていますが、
これは本来「表」の意味ですから、レイアウトに使うのは文法上、間違っています。

レイアウトには、<table>ではなく、スタイルシートを使って行うべきですから、
ここから修正していく必要があるでしょう。


100点にするということは、タグの記述エラーがない、という意味に過ぎません。
本来のタグの意味に合った内部構築をしなければ、
意味の無い100点になりますから、これで満足することは非常に危険です。

ロールオーバー関係は、ホームページビルダーで作り直せば、
すぐに動くようになると思います。
あとは、記述されたコードを外部ファイル化するだけで大丈夫だと思います。

ページ全体のレイアウトについては、
CSS関係の参考書などで、基本知識を身につけ、大幅な内部リニューアルが必要
でしょう。

また、現状では画像に頼ったページになっているため、
もう少し分かりやすいテキストを使ったページ作りにしたほうが、
検索エンジンにも、ユーザーにも評価されやすくなると思います。


それでは、頑張ってください!



Googleアドセンスの広告

2010年02月18日 [記事URL]

当サイトにGoogleアドセンスの広告を掲載して収入を得たいと思っております。

しかし、過去に何度かGoogleに申し込んだのですが審査が通りません。
当サイトで掲載している他のASP広告を外して申し込んだのですが無理でした。
サイトに問題があるのかもしれませんが、原因がわかりません。

下記サイトは私が目標にしているサイトの一つですが、アドセンス広告がうまく表示されています。
http://○○○○○.com/
ある程度似たサイトだと思うのですが、なぜ私のサイトの場合は審査をパスできないのでしょうか。
当サイトでGoogleアドセンスの審査に通る方法、現在のサイトで審査に通らない原因として考えられることを推測でも結構ですのでお願いいたします。

続きを読む

別のサイトで審査を通す

アドセンス審査に落ちた際の理由は何か明示がありましたか?

一度、審査に落ちたサイトは、再度 申し込んでも厳しい場合が多いです。

特にリンク集サイトのようなものは、
オリジナルコンテンツ不足として、審査に通ることは難しいようです。

対策としては、
別のサイトで審査を通した後で、本サイトにアドセンスを貼る、という方法です。

他にサイトはお持ちですか?
なければ、テーマを決めた無料ブログを開設し、
1ヶ月ほど記事追加を行ない、十分にコンテンツを増やした上で、
審査に申し込むと良いです。
この際、内容の乏しいブログの場合は やはり審査に通ることは難しいです。

一度、審査に通ればアドセンスを貼ることができますよ。




《 前 1  2  3 


いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop