「&」構文エラー?XHTMLでよく使う文字参照とは? - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > 「&」構文エラー?XHTMLでよく使う文字参照とは?

「&」構文エラー?XHTMLでよく使う文字参照とは?

2008年10月20日

CGIなどのパラメータ値の区切り、アフィリエイトコード、などで、
URLに「&」が入ってしまうことがあります。

これをこのままXHTML に記述してしまうと構文エラーになることをご存知ですか??

XHTML では、「&」「"」「>」などの半角記号を普通にテキスト中で使ってしまうと、
XHTML特有の記号として認識されてしまい、
Another HTML-lint や、W3C Validation Service などの構文エラーチェックツールで構文エラーになってしまいます。

エラーのままですと、様々な不具合が生じますので、正しい記述に直しておく必要があります。

XHTML では、これらの直接入力できない文字を表示するための方法として「文字参照」を使います。

例えば、「&」と表示したければ、コード上では、「&」と記述する、といった具合です。(実際には半角表記)

文字参照

文字参照とは、「&」から「;」までの内容を記述することで実現します。

たくさんありますが、今回は特によく使う文字参照3つをご紹介します。(実際には半角表記)

記号「>」(大なり)→ 文字参照「>」
記号「&」(アンド)→ 文字参照「&」
記号「"」(ダブルクォーテーション)→ 文字参照「"」

文字参照には、文字実体参照と数値文字参照の二つ

「<」の場合、文字実体参照では、「<」と書きますが、
数値文字参照では「<」と書きます。(実際には半角表記)

これら、文字参照については、非常に種類が多いので
特殊な記号を使う場合は、しっかり調べて構文エラーのないようにしたいものです。

サイトリニューアルは、正しい構文記述のできる業者を選びましょう。



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop