XHTML で、<br>要素(改行)を連続で使ってはダメ! - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > XHTML で、<br>要素(改行)を連続で使ってはダメ!

XHTML で、<br>要素(改行)を連続で使ってはダメ!

2008年11月22日

メールや Word などで文書を作るとき、
Enterキーで改行することが多いと思います。

例えば、
段落の最後で、Enter 押して改行して、
もう一回、Enter 押して1行スペース空けて、
そして次の段落を書き出す。

実はこれを、Webページで行なうと文書エラーになってしまいます。

これは、とってもよくある間違いなので気をつけましょう。

<br /> を安易に連続させないこと

XHTMLでは、改行を <br /> で表します。

しかし、この <br /> は改行の意味であり、
連続で使って、行間が空いたように見せかけるのに使ってはいけません。

<br /> を連続で使うと、
ブラウザで閲覧するときには、行間が空いたように見えますが、
環境が変われば、「改行(の意味)」の並んだ怪しいページになってしまいます。

検索エンジンロボットも目が見えません。
ロボットのためにも、視覚に頼らない文書構造が求められるわけですね。

しかし、どうしようもない問題が・・・

ソースを直接いじれない環境、というのが存在します。

多くの無料ブログやSNSもそうです。

メールのような文書をアップして、それがWebページに変換される仕組みの場合ですね。
アメブロなど、ケータイでアップする場合も多いですね。

その多くは、改行をそのまま<br /> と認識してしまい、
結果、「改行」が連続してしまうことになります。

もちろん、文書構造としては問題なので、
本当なら「改行」の数によって、自動で下の段落に余白が挿入される、といった仕組みになれば言うことなし、なのですが・・・

そう考えると、一般のツール、Web制作ソフト、など、
まだまだW3C勧告、Web標準に対応しきれていないんですよね。。。



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop