ある種のショッピングサイトが売れなくなりました - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > ある種のショッピングサイトが売れなくなりました

ある種のショッピングサイトが売れなくなりました

2008年12月19日

ヤフー検索の変化にみなさんはお気づきですか?

商品名などで検索すると、4位に「Yahoo!ショッピング」の検索結果が表示
されるようになっています。

商品名と値段と商品画像、これが4つ。
4位というとても微妙な位置に。これがくせもの。


さらに先日の更新から
オーバーチュア広告が、検索結果のようなデザインになったことにより、

まさに「広告」と「広告」の間に検索結果(1~3位)が表示されています。


検索結果で1~3位に入っていないと勝負になりませんが、
それも値段が他店より高いと厳しくなってきました。


ヤフーストアに出店しているショップはとても有利になったように見えますが、
値段が表示されることでさらに値下げ合戦に陥っているものもあります。

ヤフーストアに出店していないショップでは、
この4位の商品検索結果によって、値下げせざるを得ない状況も。

なんせ、自分のショップより安く売っているのが検索結果で丸分かり、
しかも写真付き値段表示で紹介されてしまうのですから・・・


資本力のあるショップに対抗するためには、、、
広告を変える?商品を変える?値段を変える?販売対象を変える?


こういうときはユーザー視点の発想をしてみましょう。


→ ユーザーとはあなたにとって誰か?
→ 今回のヤフー検索の変更はユーザーにとって価値あるものか?
→ あるとすればユーザーにとって何が価値があるのか?
→ ユーザーにとって新たな価値を創造することは可能か?


価格競争に陥りそうになったときは、
同じ商品でも、ユーザーにとって価値ある売り方をすればいいんです。

売り方が正しく そこに価値があれば、
他店よりいくら高くてもユーザーはあなたのお店で買うんです。
あなたのお店で買う理由... ありますか?



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop