エラーがゼロでも正しくない - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > エラーがゼロでも正しくない

エラーがゼロでも正しくない

2009年03月01日

「SEO対策のためにWeb標準テンプレートを買ってみて
HPリニューアルしたんですが順位が上がらないんです。」

そんな相談が続きました。


サイト内を見てみると "論理構造"がハチャメチャ。

確かにソースコードの記述にエラーはありませんが、
かなり間違っているんです。


この「100点だけど間違ってる」という意味は
なかなか理解されませんので、今回は少し解説したいと思います。


例えば、H1タグ
これはページの大見出しの役割であり、当然ページ内に一箇所の使用です。

このH1タグ内にキーワードを入れるとSEO効果があると勘違いし、
たくさんの検索されたいキーワードを詰め込んでいるケースがあります。


他には、tableタグ
これは「表」の意味をもっていますが、「表」じゃないところにtableタグが
平気で使われているケースがあります。


中には、スパムすれすれ?に思えるものも。。。


意味の無いキーワードの羅列や、スパム的手法を用いていても、
コード記述に間違いがなければ、エラーにはなりません。

そもそも、エラーチェックツールはコード記述に間違いが無いかを調べる
もので、論理構造を認識するわけではありません。


ですから、100点にしたけどSEO効果の全くでない、
または、スパム判定されることがあるのです。


Webサイト制作者が、タグの持っている意味を論理的に理解していなければ、
どんなに良いテンプレートを使ったとしても結果が出ることはありません。


論理構造を正しく理解し作られたサイトは、
障害者の方や検索エンジンにとっても、とても優しいサイトとなります。
そういうサイトは、エラーチェックでも当然100点なのです。

100点に惑わされるのはもう止めましょう。


このプロ用テンプレートがコンサル会員のみに提供している理由
サポートがないと本当に効果の出るサイトは作れません。
ホームページテンプレート・サポートメニュー



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop