検索ロボットのキモチ? - 【ホームページテンプレート】いせきけんじ公式サイト

無料相談 お申し込み

HOME > コラム > 検索ロボットのキモチ?

検索ロボットのキモチ?

2009年12月12日

よくいただくご質問で
「キーワード比率は何%が良いんですか?」
というものがあります。

いつも回答は、
「%で判断するのではなく、ロボットのキモチになって文章を読んでください。
 キーワードが多くうざく感じるなら、それは比率が高い不自然な文章です。」
と。


■ユーザー視点と、◆ロボット視点でそれぞれ文章を読んでみて
不自然にキーワードが多い場合、マイナス評価につながることが多いです。


■ユーザー視点(ユーザーになった気持ち)で文章を読むと、
「ちょっとクドイなぁ・・・」
というときがありますよね。
これは成約率にも響きますのですぐにキーワードを減らしたほうが良いです。


◆ロボット視点で読むとは、
strong タグなどの強調の意味を持ったタグが適当な位置に入っているか?
タイトルタグ、Hタグ・Pタグの使い方が正しいか?
などです。

中には、タイトル・Hタグで散々強調しているキーワードがあるのに、
これでもか、と他の位置でstrongタグが入っているケース。

ロボットからすると、
「そんな強調しなくても、
 最初のほうチョット読んだら何について書かれているページか、
 重要なキーワードはどれかくらい分かるでぇ。
 過剰SEO対策やなこれは。よし順位下げたろぉ。」
って感じではないでしょうか。


実際には、弊社管理サイトの例で
トップページのキーワード比率が14%を超えるサイトでも
ビッグワード・激戦区で上位表示されているサイトもありますし、
反対に 3%でも上位表示されているケースがあります。

サイトテーマと競合サイトの強さによっても変わりますので
比率%だけでの判断はできないのです。


もし、今回の変動で順位が下がったサイトがあったら、
キーワードの比率や強調が ロボット視点で自然かどうか
今一度 確認してみてくださいね。

ホームページテンプレート・サポートメニュー



いせきけんじ公式メルマガ

いせきけんじ公式メルマガの登録はこちらから。
不定期配信中。バックナンバーは基本的に公開していません。
月に一回の無料相談の特典付きです。

ソーシャルメディア
お問い合わせ
お問い合わせ

PageTop